青汁ってニキビに効くの?!気になる効果は?

青汁で体の中からニキビを撃退しよう

顔の上や背中に突然ポチッと現れるニキビ。嫌ですよね〜。ある日突然なんですから、困ってしまいます、ホント。このニキビを体の中から治したい、体質改善して治したいというとき、あなたならどうしますか?私なら、青汁を飲みます。青汁なら、体に不足しがちな栄養素を一気に摂ることができるため、体の中からの根本的な改善が期待できるからです。
青汁に含まれるビタミンCは、お肌表面のターンオーバー(肌周期)を正常化する機能がありますし、食物繊維は便秘解消の切り札、便秘は腸内環境を悪化させて、代謝も下がるため、つまりは肌荒れやニキビの根元となります。これらの栄養素を積極的に摂取することによって、ニキビが改善できることになります。これらの栄養素を巷の生の野菜で摂ろうと思うと血行手間ですよね。ですが青汁なら1杯で同時に確実に摂取することが可能。というわけで、青汁とニキビは密接な関係があるということができるのです。
顔の上も背中も、ニキビができるとそれだけでブルーになってしまいますよね。背中は他の人には見えませんが、ついているというだけでなんだか気になる存在です。こんなニキビは、早く撃退して、気持ちの良い毎日を過ごしたいですよね。

 

注目の青汁人気ランキング

直接と間接的な効果

前出のように、ビタミンCはお肌の表面の生まれ変わりとなるターンオーバーに関係しています。というのをもう少し詳しく見ていくことにしましょう。
ビタミンCは私たちの体の細胞一つ一つを生み元気な状態にするために必要な栄養素です。これがないと、細胞は古くて元気がない状態です。お肌の表面は一定の周期で生まれ変わるものです。けがをしてもこの自分で生まれ変わる力があるため、傷が治るのです。ただ、肌の上でこの栄養素が十分に行きわたらないと、この機能が正常に働かず、ひいてはニキビも治りが悪くなるという仕組みです。
一方の食物繊維は間接的にニキビに影響があります。その仕組みは腸内環境にあります。例えば食べ物を食べると腸の中では体に不要なものを体の外に出そう(排泄)という働きをします。ここで食物繊維が十分にないと、腸はなかなか排泄まで至りません。腸の働きが滞って、更に腸の中に便が溜まって、また更に腸の中に排泄物が溜まるといった負のスパイラルに陥ってしまいます。このように、栄養素とニキビの関係を知ることは、またニキビを防いで治す更なる近道になります。外からの環境改善も良いですが、根本は体の中に着目すると良いでしょう。

 

注目の青汁人気ランキング

参照リンク

青汁とターンオーバー

お肌の周期(ターンオーバー)とは一定の期間でお肌表面の古い角質が剥がれ落ち、新しい角質が出てくることを言います。お肌はこの周期を繰り返し行っています。このサイクルがないと、怪我をしても治りが悪く、傷はいつまでたっても良くなりません。私たちは怪我をしても自然に皮膚が再生することが当たり前になっていますが、実はお肌の表面は毎日静かに休みなく働いているのです。
このターンオーバーを正常化するためには、体の中が活発に動いていることが重要になります。代謝が活発になるためには食物繊維やビタミンCといった栄養素の他にも、カルシウムや亜鉛といったミネラル分など、全てがバランスよく体の中に入ってくることが重要です。
どれでもこれでも毎日自分で摂取するのはなかなか難しいのですが、それが青汁一つの中に沢山含まれてますので、結果、青汁は美容と健康の両方に力を発揮することになります。さまざまな種類の青汁が世の中にあるということは、もう世の中の皆さんが青汁の素晴らしさを既に実証しているということも言えますよね。青汁と私たちのお肌の表面は、こうして見てみると、実に密接な関係があるということがわかります。不思議なところで繋がりがあるもんですね。